スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は出産予定日
Wed.16.05.2012 Posted in こども
0 comments 1 trackbacks
ずいぶんこのブログを放置していました。
主にFacebookで近況は更新していたのですが
放っているうちに、この日が来てしまいました。

今日は、わたしの第1子の出産予定日。
しかし、生まれてくる兆しはなく、遅れての出産となりそうです。

結婚祝祭をした2011年11月12日の時点で妊娠4ヶ月。
その後、12月後半は2週間の新婚旅行にアメリカ南西部へと旅。
年が明けてからも今のうちだ!と、日本全国あちこち旅(含む出張)し続け、
遊びまくり、人と逢いまくり、
仕事も細々と続いて結局産休に入ったのは4月から。
本当に動きまくっていたので、正直長かった妊婦生活。

どんどん立派に大きくなっていくお腹を見て友人たちは
「あっという間!」
といつも言ってくれるのだけど、
毎日一緒に過ごしているわたしたち夫婦にしてみれば
「意外と長いよね・・・」
「まあだあ?」
という感じ。

そんなことを書いている間も、お腹の中でちんたろ(仮名/男児)は
うねうねとマイペースに動いている。
おおい!いつ出てくるのかね?

妊婦生活は超ハッピーという話をよく聞くけれど、
確かにハッピーではあったけれどもハッピーなことばかりでもなく、
しかし普通の毎日とは確実に違う毎日を過ごしてきた。

お腹の中にもう一人いる。

「お一人様ですか?」という問いかけに、
「今日は一人だなあ」という自問に、
ハッとすると、ああもう一人いるわという現実。
これはとっても不思議な体験であり、
お腹が大きくなればなるほど、腹の中の人は存在感を増して
自分の存在をアピールして、わたしに母への自覚を徐々に植え付けてくる。
けど、正直あんまり実感はわかない。
こんなにデカイ腹を引っさげてうろちょろしているのに。

夫に至っては自分のお腹がふくらむわけでも
出産のとき痛いわけでもなんでもないので、
ほっとんど実感がないみたい。
些細なことで激しい言い合いになったりするので、
妊娠期間中、わたしは悲しい想いもいっぱいした。
だから妊婦=ハッピー全開!というわけではないと思った。あはは。

しかし後期は産休にも入り、やりたいことだけをする毎日。
わたしも気持ちに余裕ができたのか、言い合いも自然と減り(笑)
楽しい毎日。こんな毎日がずっと続けばいいのに~!と本気で祈りたくなる。

齢30も過ぎると、まったく未知のことを体験する機会も
ほとんどなくなると思うのだけど、
女性にとってこの妊娠・出産というのは
まったく初めての、未知の体験となる。
わたしは今まで、女に生まれてよかったと思ったことなどたぶん一度もなくて
いつも男に生まれたかったと嘆いていた。
どこへ一人旅したって気がラク。野宿も立ちションもへっちゃら。・・・etc.

でも今回、妊娠を経験して
女に生まれてよかったかもなあと、初めて思うことができた。

自分の分身をお腹の中で育てることができる。
どんどんお腹がふくらんでいくという奇妙な体験ができる。
そして、出産というスペクタクル(になるのか、それともただの地獄となるのかは不明)
を身をもって体験できる。
そして、生まれてきたその人がどれだけ大きくなっても、年をとっても、
ババアだのなんだの悪態をつきだしても・・・
わたしがあんたを生んだんだからね!ということを
いつまでも心と体で思い返すことができる。

痛いのはいやだけど、楽しみだなーという気持ちの方が大きい。

それと、この“お産”の世界は
今まで知り得なかった、女性のめくるめく世界だということもわかった。

病院もいろいろと行ってみたが、結局は助産院での出産を希望して
家からまあまあ近いところに通い出したのが新婚旅行の前。
個性的な助産師さんのもと、おもしろい経験をたくさんしてきた。
妊婦を得意とする鍼灸院にも毎週のように通った。おかげで冬も冷え知らず。
おっぱいも下半身もさらけ出しての付き合いは
日常生活よりもやっぱり、濃いものになる。
かと言って別にすごく仲良くなるとか深い関係になるとかそういうわけではなく、
お互い女性という前提があって成り立つ安心感をベースにした付き合い、
そういう感じ、かな。

“お産”の世界ならではの有名人がいたりもして、
しかしそこはキャピキャピした花園なわけでもなんでもなく
酸いも甘いも知った女たちの濃いい世界。
女っておもしろいなあと、いろんな場面で思った。


あまり出産予定日から遅れるようだと、
助産院での出産が難しくなってしまうから、それだけが今の心配ごと。
でもきっと、数日中にはご対面の瞬間がくる。

生まれてくるのは男児の予定。
女が男を生むというのはまたそれだけで奇妙だあなあ。

そしてこの妊娠体験で、わたしはどれだけ変わることができただろう?
そして母として、これから、どんなふうに変わっていくことができるだろう?

0 comments 1 trackbacks
2011年11月12日、結婚祝祭を行いました
Tue.15.11.2011 Posted in おきらく日記
1 comments 0 trackbacks
先週の土曜日、11月12日に結婚式を挙げました。
すでに入籍もしていたので、初々しい感じはないですが、
ますます夫婦の絆も深まったところで、決意を新たにし、
今後より楽しく、好奇心いっぱいの人生を二人で歩んでいこうと思います!
どうぞ、よろしくお願いいたします。

ここからは、今回に至るまでの道のりを・・・・・

入籍は去年の年末に既に済ませていて、本当は6月に結婚式をする予定でした。
夫・トヨチカの実家は仙台。家を流されてしまった親戚もいました。

そして、6月に挙げるはずだった結婚式は、
福島市民家園で毎年開催されている「FOR座REST(ふぉーざれすと)」という音楽を中心としたイベントの中の一つの企画として、実施される予定でした。
http://www.ankaju.com/forzarest.html

もう人が住んでいない古民家や、大きな芝居小屋で繰り広げられるお祭り。人がいることで古い建物がその輝きを取り戻している、そのFOR座RESTの雰囲気が大好きで、私たちは古民家で昔ながらの結婚式=祝言を挙げることを決め、関東で古民家を探していました。・・・そんな中、急激に仲良くなっていたFOR座RESTの実行委員長・阿部さんから連絡を頂き、「ならばFOR座RESTの中で挙げい」ということになったのです。

震災の10日ほど前、私たちは福島に行き、祝言を行う民家の下見や打ち合わせをし、その後温泉に行ったりギョウザを食べたり、あんざい果樹園のしんちゃん家の暖炉の前でうとうとしたりして、それはそれはしあわせな時間を過ごしました。

3月11日震災発生。そして原発事故。
福島の仲間たちは散り散りになり、2011年のFOR座RESTの開催は見送られることになりました。何よりも、不安な日々を送り、家族がバラバラに過ごさなければならない彼らのことが心配で心配で、かなり頻繁に連絡を取っていたように思います。

そして、本来FOR座RESTが開催されるはずだった6月18日。
鎌倉のNPOルートカルチャーが中心となって、「FOR座RESTtrip」というイベントが行われ、その夜、鎌倉農連市場でのウェルカムパーティーのとき、なんと福島の仲間たちがサプライズで、私たちの結婚式をしてくれたのです。

ブーケを手渡され、手作りの「誓約書」を読まされ、手作りの“とよちん”印のハンコを押さされ、メガネ屋の薮内くんが、あんざい果樹園のりんごの木を掘って手作りしたリングを手渡され、それをお互いにつけさせられ・・・・・・あれよあれよという間に会場中のひと全員に祝福を受けていました。

110618_4.jpg

110618_3.jpg

110618_2.jpg

正直、こんなに素敵な結婚式をしてもらったから、もう満足でした。
二人とも、これ以上のことはできないし、ねえ。と言っていたのだけど、
家族のことを考えると、ちゃんと報告も兼ねて、何かしらしないとね、となり、
その後もう一度関東で古民家を探し、「都筑民家園」という素敵な場所を奇跡的に見つけ、ご協力頂けることになり、準備をはじめました。

福島の仲間たちも楽しみにしていた古民家での祝言。
それを実現し、みんなに見に来てもらうのが、鎌倉でのサプライズの恩返しだと思って。

祝言の中では小さな子どもが「雄蝶(おちょう)・雌蝶(めちょう)」という役で、式の進行を補佐します。その役は、FOR座RESTの阿部さんの娘・こはな(5歳)と薮内くんの息子・あおと(4歳)にお願いしました。

11月12日当日。
前日までの大雨が嘘のように晴れ、最高の天気に。

着物を着たこはな・あおとは本当にかわいくて、おもしろくて、
式にいろどりと笑いを添えてくれました。
私はリハの時点で既に泣きそうでしたが、二人がおもしろいので
本番は泣く間もなく、笑いまくって終了。
福島から来てくれた10人ほどの仲間たちも見守る中、
とてもいい祝言になったと思います。
古民家での祝言にこだわって、実現して、本当によかったです。


一旦解散して、私たちは親族との会食。
トヨチカの親族は東北(宮城、岩手)から、私の親族は名古屋から。
私たちの親族・・・・・・・驚くほどコミュニケーション能力が高く、
私たちが何も言わなくても勝手にそれぞれがお酌して周り、しゃべりまくっていて、それを見ていて本当におもしろかったし、やってよかったなあと思いました。

「思い出スライドショー」とか「ケーキカット」とか「涙涙の母への手紙」とか、
そういうのは恥ずかしくて絶対に嫌だったので一切なし。
トヨチカのお母さんが、
「結婚式って泣かせよう、泣かせようっていう感じがするけれど
 こういう笑いにあふれた式はいいわ!」
って、お世辞かもしれないけど言ってくれたことが、すごく嬉しかった。


大爆笑の会食を終えて、夕方からのパーティー会場へ移動。
友人150人余りを招いての大宴会の会場は、二人が大好きな「綱島温泉 東京園」。
風呂あり、音楽・パフォーマンスあり、ごはん・お酒あり・・・ということで
全て自分たちで準備を進めてきました。
http://toyoching.jimdo.com/

入場はもちろん、チンドン屋で。
館内(貸切ではなく、パーティー会場の大広間だけが貸切)を練り歩き、おひねりをもらいつつ(笑)会場に入ると、ぶわーーーっと拍手・歓声に迎えられ、一気にしあわせな気分に。
ステージに上がった時点でその光景に感激し、ウルウルしましたが、なんとかおさえて来てくれたみんなを大歓迎。

この後はめくるめく大宴会・・・・
あとは写真でどうぞ。

いろんなことが心配で、しかも自分の出番が多くて全く落ち着けず、
遠くからきた友人ともろくに話ができないまま、あっという間に終わってしまいました。
トヨチカは出番が適度だったので、かなりいろんな人と話せたみたいで、
かなり満足しておりました・・・ううう。

終わってみて思うのは、
ほんっとーーーーーーに楽しかったなあということと、
ほんっとーーーーーーに私たちは素敵な人たちに囲まれて生きているんだな、ということ。

みんながいなければ、こんなに楽しいパーティーを開くことはできなかったし、
私たちは、ここにいないと思います。

協力してくれた全ての友人、家族に感謝します。
そして、一緒にこの日を作り上げた夫・トヨチカにもとても感謝しています。


ネタがありすぎるので、今後いろいろと細かくレポートしていきたいと思います!
本当にありがとうございました。

5_large.jpg

写真は、自分たちで全く撮れていないので、友人たちからかき集めているところです。
(公式Photoは1ヶ月ほど先になってしまうので)

2011.11.12吉田結婚温泉♨東京宴
http://30d.jp/toyoching/1

2011.11.12古民家祝言
http://30d.jp/toyoching/2

合言葉は、
福島の仲間がサプライズでやってくれたパーティーのときに
手渡されたハンコの文字「○○○○」です。

合言葉を入れると、閲覧も、写真のアップデートもできるようになります。
もし写真がある方は、ぜひ投稿お願いします!投稿者として、自分の名前を入れておいてくださいね。
私たちというより、みんなが楽しんでる写真が見たいです。
待ってまーーす!

110618_5.jpg

1 comments 0 trackbacks
忘れたくないことば
Mon.03.10.2011 Posted in おきらく日記
0 comments 0 trackbacks
数ヶ月前にジブリ美術館に行ったとき見つけた
心に残った言葉を、忘れたくないので書いておく。

 空想と予感、そしてたくさんのスケッチ、イメージの断片。
 その中から映画の核となるべきものがみえてきます。


ここで使われる「予感」という言葉。
自分の中に感じる、予感。それを感じ取る力。

0 comments 0 trackbacks
10/15sat KPMレコ発ライヴにBAQUEBA出演
Wed.14.09.2011 Posted in ブラジル太鼓
0 comments 0 trackbacks
shapeimage_2.jpg

10/15sat
キウイとパパイヤ、マンゴーズのレコ発ライヴにBAQUEBAが出演します。

詳しくはこちらに盛りだくさん!
http://ojisan1015.dousetsu.com/hai_shangno_daotojin_suonoojisan/kiuitopapaiya,mangozupresents.html

みなさまお誘いあわせの上、ぜひー
ガムランもすごく楽しそうです。グンデル・ワヤン(バリの影絵)もあるって!


0 comments 0 trackbacks
ちんどん おてんきや 福島へゆく
Sat.13.08.2011 Posted in ちんどん関係
0 comments 0 trackbacks
img_chindon.png


とざいとーざい!

鎌倉でデビューした「ちんどん おてんきや」が、
今週末は福島へ!

14日、福島市 メガネ屋やぶうちビル屋上にて
FOR座REST trip に出演~
http://www.ankaju.com/forzarest.html
畠山美由紀さんや小池龍平くん、七尾旅人さんと一緒です。いえい。

18時頃から福島駅前あたり~やぶうちビルの間を練り歩き、
18時半から会場でライヴです。

いやはやたのしみ。


そして15日は「FUKUSHIMA!」の「音楽解放区」に出演予定。
こちらは会場にて、11~14時の間にやる感じです。
http://www.pj-fukushima.jp/index.html

夕方からは豪華アーティストのライヴ。
出番を終えてガッツリ楽しんじゃいたいと思っております。

今週末は福島へ、どうぞお越しくださいまし!


0 comments 0 trackbacks

NEXT PAGE »

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。